ユニティ【U】銘柄分析_21年度決算更新版

米国株の年次決算書・銘柄分析
スポンサーリンク

ユニティ・ソフトウェア(Unity Software Inc / U)の決算書(10-K)・銘柄分析について、2021年決算を踏まえた内容に更新しました。クロの判断は以下の通りです。

  • 安定性(資金繰り)
  • 収益性
  • 経営の効率
  • 成長への期待

それでは見ていきましょう。

2022年度第1Qトピックスはこちら

1. Unity Software Inc(U)について

1-1. 業種

ソフトウェア、電子テクノロジー、メタバース

1-2. 事業の概要

ユニティ・ソフトウェアは、Unity Technologies(ユニティ・テクノロジーズ)としてリアルタイムな双方向通信ができるコンテンツ開発・制作・実行・収益化のためのプラットフォームを提供する企業です。

ゲームエンジン”Unity”は、その機能や価格面の魅力もあり(一部は無料で利用でき、企業向けのプランであってもロイヤルティの徴収は無い)世界最大のシェアを誇ります。

NintendoやSQUARE ENIXといった大手企業にも採用されている他、世界的に大流行したNiantic社のPokemon GOにも使用されました。
このPokemon GOはAR・VR技術も大いに活用されたアプリです。

ちなみにゲームエンジンとは、ゲームで頻繁に必要となる画像処理や音声処理などの機能があらかじめ組み込まれた、開発の土台となるソフトウェアのことを言います。
これを利用することで、開発者は効率的に作業を進めることができるのです。

Unityは、iOSやAndroidをはじめPCのOSや家庭用ゲーム機など様々なプラットフォームに向けて書き出しを行うことができVRにもいち早く対応しているため、最近話題のVRデバイス(メタ・プラットフォームのOculusなど)などでも利用可能です。

また、Unityはゲーム以外の業界からも注目を集めています。
”ARやMRの開発も行いやすい”という特徴から、自動車設計、医療現場、建築などで利用されるようになっており、その描画の速さ・修正のしやすさは映画などの作品に活かされています。

最近話題となっているメタバース(仮想空間)の構築にも重要な役割を果たすだろうと言われており、実際にCEOから”メタバースの定義・創造・運営の主要プレイヤーになる”という旨の発言もありました。

開発プラットフォームを利用するサブスクリプション収益、広告プラットフォーム”Unity Ads”をはじめとしたユーザー獲得・収益化のエコシステムなどによる運用に関した使用量ベースの収益が売上となっています。

1-3. チャート

ユニティ・ソフトウェアの株価チャートはこのようになっています。
2020年9月にIPOした後年末まで上昇を続けたものの、一旦下落し、しばらく100ドル前後での推移が続きました。
その後、好決算やメタバースブームの追い風を受けて株価は急上昇しましたが、程なく急落し、現在は再び100ドル前後の水準にあります。(2022年2月27日時点)

2. 決算書(10-K)の分析

2-1. 経営の安全性(資金繰り)

  • ひとまずの資金繰りは問題なし
  • 自己資本比率は49%(27ポイント低下)
  • 事業は赤字で営業活動キャッシュフローもマイナス収支

2-1-1. 流動資産・固定資産に関する比率

2021年決算書におけるU貸借バランス

(単位:百万ドル)

貸借バランスは”おおむね安心タイプ”です。

IPOしたばかりだった昨年と比較すると、固定資産・固定負債が大きく増加しました。
流動比率は約344%、当座比率は約332%と昨年より低下していますが、それでも十分すぎる程高いため、短期的な資金繰りには問題ありません。

固定比率は112%と急上昇しましたが、純資産と固定資産でまかなえているのでひとまずは許容範囲内です。

2-1-2. 資本の比率

自己資本比率は49%と高い数値です。
これにはIPOしてからまだそれほど時間が経っていない(約1年3ヶ月)ことが影響していると考えられます。
なお、昨年からは27ポイント低下しました。

2-1-3. キャッシュフロー

営業活動がマイナス、投資活動がマイナス、財務活動がプラスという組み合わせで、フリーキャッシュフローはマイナスです。

株式報酬の戻入れが3億3,500万ドルと大きいですが、事業の赤字が5億3,300万ドルあり、営業活動のキャッシュフローは最終的にマイナス収支となりました。

投資活動では、売買・満期保有を目的とした有価証券の購入、そして事業買収に多額の資金を投じたため、こちらもマイナス収支となっています。
なお、この事業買収がのれんや無形資産といった固定資産の増加につながりました。

財務活動では転換社債発行による資金調達を行っており、プラス収支です。
この転換社債発行は、固定負債の急増を招きました。

2-1-4. 項目まとめ

ひとまずの資金繰りには問題ありませんが、昨年はプラス収支だった”営業活動によるキャッシュフロー”つまり”事業から生み出される現金”が、再びマイナスとなりました。

また、事業買収や転換社債発行によって固定資産・固定負債が増加し、自己資本比率も低下するなど、財務状況はどちらかというと悪化しています。

2-2. 収益性

  • 赤字のためROE・ROAともにマイナス
  • 2020年はIPOで資産が増加してマイナス値縮小
  • 粗利益は出ているが営業費用が大きい

2-2-1. ROE(自己資本利益率)

UのROE(自己資本利益率)推移_2021

事業が赤字のため、ROEはマイナスです。

純損失額(赤字額)は年々増加しており、特に2021年は前年の2倍近い金額となっています。

なお、2020年にマイナス値が一気に小さくなっていますが、これはIPOによる自己資本の増加によるものです。

2-2-2. ROA(総資産利益率)

UのROA(総資産利益率)推移_2021

ROAもROEと同様にマイナスです。

ROAを計算する際の母数となる”総資産”は負債の増加の影響も受けるため、損失額と母数の両方の増加を反映して、前年からあまり変動しませんでした。

なお、2020年の数値が改善している理由はROEと同様で、IPOによるものです。

2-2-3. 項目まとめ

現時点では純損失が増加しており、収益性はあまりありません。
売上から原価を差し引いた粗利益は出ていますが、事業の運営費用が総売上高を上回っています。

2-3. 経営の効率

  • 資産が増え続け、回転率は低下傾向にある
  • 事業買収で固定資産回転率が大幅低下
  • 棚卸資産は保有なし

2-3-1. 各回転率

Uの総資本回転率、固定資産回転率、棚卸資産回転率_2021

総資本回転率は最低ラインの4分の1程度です。
売上は年々増加していますが、2020年のIPOをきっかけに大きく低下し、今年も更に下がっています。

また、買収によるのれんや無形資産の増加によって、固定資産回転率も大きく低下しました。(昨年は約1.3回)

2-3-2. 項目まとめ

売上の増加を上回るペースで資産が増えているため、回転率は低下を続けています。

2-4. 成長している・していく企業か

  • 毎年40%程度の売上成長をキープ
  • 営業損失は約2倍に急増
  • 粗利率は77%あるが、営業費用が大きい
  • 売上高研究開発費率は平均の15倍
    (売上の6割以上の金額を投入)

2-4-1. 売上高と営業利益

Uの売上高推移_2021

売上は毎年同程度の成長率を維持し、増加を続けています。

2021年の売上成長率は前年比44%でした。
2020年は43%、2019年も42%となっており、同程度の水準をキープ(むしろ1ポイントずつ増加している)しています。

Uの営業利益(損失)推移_2021

営業損失も大きく増加しています。
2021年は前年比93%の増加、つまり約2倍に膨れ上がっており、事業から利益を生み出すためには改善が必須です。

粗利率は77%で、2019年~2020年から1ポイント低下したものの、売上の8割近くが粗利益となっている状態です。
しかし研究開発、マーケティング、一般管理費など、事業に関する費用が約1,389百万ドルかかっているため、大きな損失となっています。

こういった営業費用増加の主な要因は、人員が増えたことによる人件費だと説明されています。

2-4-2. 研究開発費

売上高は約1,110.53百万ドル、研究開発費は約695.71百万ドルだったので、売上高研究開発費率は62.6%で、平均の15倍以上です。(科学技術・学術政策研究所によると※1同程度の従業員規模の平均は4.1%とされている)

なお、昨年から従業員数が増え、比較する平均値が5.2%から4.1%に変わっています。

※1出典:文部科学省 科学技術・学術政策研究所科学技術指標2019

2-4-3. 項目まとめ

売上高研究開発費率は昨年から更に上昇し、売上の約63%となりました。
大きなシェアを持っているユニティですが、まだまだ技術開発・品質向上に余念がなく、利益を目指している状況ではないと考えられます。

売上がYoY100%を超えるような急成長銘柄もある中、比較的落ち着いた伸び幅の企業ですが、2021年もその成長率(40%超え)がキープされました。
ただ、2022年のガイダンスでは成長率が前年比34%~36%と予想されています。

研究開発に余念がなく、更にUnityの活用される場所は増加しているため、売上の成長は続いていくでしょうが、黒字化するのはまだ先の話になりそうです。

3. まとめ

クロとしては、ユニティ・ソフトウェア(U)は引き続き様子を見つつ、保有を検討したい銘柄です。

世界情勢や金融引き締め議論で、なかなか購入タイミングがない状況が続いていますが、事業内容や将来性を考えると、随時追っていきたい企業の一つだと考えています。

営業損失が増え続けている点が気になるので、あまり多く保有するつもりはありませんが、メタバースなどが更に普及し進化していけば、新たな収益源も得られるのではないかと期待しています。

今回の記事はUnity Software Incの決算書及びコーポレートサイトを参考に作成しました。少しでもお役に立てたら嬉しいです。
また、記事の内容はあくまでクロの考え・判断を中心に構成されているため、投資の際はご自身の判断の上、自己責任で行ってくださいますよう、お願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました