赤字なのにプラスで終わる?営業活動キャッシュフローの仕組み

ツール・用語・参考サイトの紹介
スポンサーリンク

キャッシュフロー計算書の”営業活動によるキャッシュフロー”は、本業での活動によるキャッシュ(お金)の出入りを表しています。本業では収益を得なければならないので、この部分はプラスとなっていることが重要です。
しかし、本業が赤字なのに営業活動によるキャッシュフローはプラスとなっていたり、逆に黒字なのにマイナスとなっていることがあります。

今回は、なぜこんな矛盾が起きるのか、営業活動によるキャッシュフローの仕組みについて紹介していきます。

1. 営業活動によるキャッシュフローの種類

営業活動によるキャッシュフローの表示方法には”直接法”と”間接法”の2種類があります。

1-1. 直接法

直接法は、営業活動に関わる収支を項目ごとに総額で表す方法です。
営業収入〇〇円、仕入による支出〇〇円、人件費による支出〇〇円、利息の支払い〇〇円…など、期間内の取引額を項目ごとに総額で表示します。

1-2. 間接法

間接法は、損益計算書、前期と今期の貸借対照表を元に、”税引前当期純利益・純損失”からキャッシュの増減を加減して表示します。
多くの企業がこの間接法を用いてキャッシュフロー計算書を作成しているので、今回はこの間接法に焦点を当てて解説していきます。

2. 黒字・赤字とマイナス・プラスがズレるのはなぜ?

間接法は、”税引前当期純利益・純損失”を元に、キャッシュの出入りを足したり引いたりしていきます。つまり、もし赤字で当期純損失が出ていたとしても、そこから足し算していく項目が多ければ営業活動によるキャッシュフローは最終的にプラスになります
その足し引きの要因には次のようなものがあります。

2-1. 実際にはまだお金を受け取っていない収益

貸借対照表にある「売掛金」や「売上債権」という項目は、売り上げた収益を得る権利のようなものです。
つまり、売上として計上されているものの、実際は受取期限が到来するまで収益を得られない=キャッシュが入ってこないものなのです。
間接法では、前期と今期でのこれらの項目の増減を計算し、表示します。

  • 今期の「売掛金」は前期より100万円増えた
    →営業活動によるキャッシュフローでは100万円のマイナス
    なぜなら…キャッシュの回収ができていないため
  • 今期の「売掛金」は前期より100万円減った
    →営業活動によるキャッシュフローでは100万円のプラス
    なぜなら…キャッシュの回収ができているため

他にも、棚卸資産(在庫)や前払金が増加した際などは、キャッシュが出ていったことになるのでマイナスで表示します。

2-2. 実際にはまだお金を支払っていない費用

貸借対照表の「買掛金」は、仕入れの費用を支払わなければならない義務のようなものです。
つまり、費用として計上されているものの、実際は支払期限が到来するまで払わなくてよい=キャッシュが出ていかないものなのです。
間接法では、これも前期と今期での増減を計算して表示します。

  • 今期の「買掛金」は前期より100万円増えた
    →営業活動によるキャッシュフローでは100万円のプラス
    なぜなら…支払日が来ておらず、キャッシュが出ていっていないため
  • 今期の「買掛金」は前期より100万円減った
    →営業活動によるキャッシュフローでは100万円のマイナス
    なぜなら…キャッシュが出ていったため

他にも、未払金の増加などはキャッシュが出ていっていないことになるので、プラスで表示されます。

2-3. お金の出入りが起こらない費用

損益計算書の「減価償却費」などは、費用として計上されるものの、支払いの伴わない項目です。
減価償却費とは、ざっくり言うと”対象となる固定資産の購入金額を、耐用年数で割って随時計上していくための項目”です。

たとえば、10年使える車を50万円で購入した場合は、毎年5万円(50÷10=5)ずつ費用として計上して資産の価値を減らしていくので、減価償却費を計上してもキャッシュの出入りはありません。
そのため、営業活動によるキャッシュフローではプラスで処理します。

3. まとめ

本業で損失が出ていても、前期と比べて「売掛金」の減少「買掛金」の増加があったり、大きな減価償却費があれば、営業活動によるキャッシュフローはプラスとなる可能性もあることがわかりました。
一方、本業が黒字で利益を出せていても、前期より「売掛金」が増加していたり「買掛金」が減少していれば、営業活動によるキャッシュフローは最終的にマイナスとなる可能性もあります。(売掛金や買掛金、減価償却費はあくまで代表的な例であり、他にも要素はある)

ただ、もし営業活動によるキャッシュフローがマイナスからプラスに転じたとして、その要因が「売掛金」の減少だった場合、売上が減少している可能性もあります。
営業活動によるキャッシュフローはプラスであることが望ましいですが、内訳や他の決算書にも目を通すことで、より経営状況を把握しやすくなります。

キャッシュフロー計算書の概要については、こちら↓の記事で詳しく紹介しています。

キャッシュフロー計算書を見る際のプラス・マイナスの判断は、こちら↓の記事で紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました